作用時間の長さ=安心感で頼れるタダシップ 

さまざまなED治療薬が広まっているなかで、タダシップを選んだワケは作用時間が長いから。

最長36時間ってスゴイですよね、2晩はいけるってことですよ。
1回の服用で翌日の夜まで!なんなら、明後日の朝までOK!

1錠で2日使えるってことは、その分節約できるってこと。
バイアグラだと1錠で5時間だから、タダシップのコスパのよさはさすがです。

持続性NO.1!タダシップのリミットは36時間

タダシップの効果は36時間も続く

タダシップの成分はタダラフィルといって、世界的人気のシアリスと同じ

服用した翌日でも、エロいことを考えたりイチャイチャしたりしたら臨戦態勢になれるんです。
中折れが日常化して自信喪失しまくっていたけど、タダシップを仕込んでおけばいつでも戦えるから心強い!

タダシップがEDに効くワケ

EDになっちゃう原因って人それぞれだけど、勃たないときに身体のなかで何が起こっているのか知っていますか?

勃起するためには、サイクリックGMPっていう物質をたくさん働かせることがポイント。
サイクリックGMPが血流アップのカギだから、こいつが活動できないことには勃起もしない

どうしてサイクリックGMPが活性化しないかっていうと、PDE5という酵素が分解しちゃってるからなんです。

エッチな気分になる

サイクリックGMPが増える

血行促進

勃起

本来ならPDE5は、射精したときに増えて勃起を萎えさせるのが役割。
なのに、おかしなタイミングで増殖してサイクリックGMPを分解してしまうから、必要なときに血流が起こらず勃起できずじまい・・っていうのがEDなんですね。

そこで!
タダシップを飲むことでPDE5を押さえこんじゃう

PDE5が働けない

サイクリックGMPは分解されない

血流が起こる

勃起する

こうして、タダシップが男の自信を与えてくれるんです!

長く効くってこんなに便利!タダシップ 3つの魅力

タダシップの3つのポイント

ED治療薬に即効性とか硬さを求める男性がいるのもわかります。
たしかに・・
レビトラみたいに飲んで15分で効いてくれるのはとても安心できるだろうし、バイアグラの勃起力も体感してみたいって思う。

それでもタダシップの効果にハマっているのには、ちゃんと理由があるんです。

その1、焦らずにセックスに臨める

今日のデートでセックスするかもしれないし、しないかもしれない・・どう流れるか読みづらいっていう日もありますよね。

そんな時はとりあえず、タダシップを飲んでおけばOK。
なかなかセックスの雰囲気にならなくても、「せっかく薬飲んだのに・・効果が切れたらどうしよう・・」なんてアセアセすることはありません。

タダシップを飲んでおく

待ち合わせ

とりあえず食事

エッチする

定番の流れとはいえ、何時間かけてセックスまで辿りつけるかはその日によりけり。
たとえば急に映画を見にいくことになって時間をロスしたとしても、タダシップなら焦る必要はナシです。

気持ちにゆとりをもっておくって、女の子との時間を大切にする・セックスを楽しむためには大切なことですよね。

その2、 勃起が不自然じゃない

ED治療薬は、強制的に勃起できるコンディションを作り出すのが役割です。

勃起を起こして硬さをキープしてくれるといっても、あまりにも硬くなり過ぎるのは考えもの。
挿入感や射精感が鈍くなったら、せっかく最後までセックスできても満足度が半減すると思いませんか?

タダシップなら自分の勃起に近いごく自然な硬さを実現してくれるので、ナチュラルな感覚でセックスを満喫できます。

その3、副作用ナシで翌日まで戦える

セックスの予定に合わせて薬を飲んでもいいんですが、その都度副作用が出てしまったらちょっとキツイ・・。
とくにレビトラ系は早く効く分、頭痛や鼻づまりといった症状が強く出やすいのが難点です。

2日続けて服用して、2日とも副作用でセックスどころじゃなかった・・なんてことになるよりは、タダシップを1回飲んで翌日まで楽しめる方がいいにきまってる!

タダシップはゆっくり効くから、副作用がでにくいっていうのもプラスポイント。
よけいなことに悩まされず、セックスだけに集中できるって最高です。